私の絵

お恥ずかしい話ではあるのですが、私には全くといっていいほど絵心というものがありません。
私が描いた絵など子どもの落書きも同然レベルと言っていいくらいなのです。
なので学校の美術の時間などは大変でした。

学生時代のある時、美術の時間に生徒それぞれが絵を描いてクラスメイトの前で発表するという授業がありました。
ハッキリ言って苦痛以外の何者でもなく、事前に知っていたならば仮病で休んでいたかもしれないほどです。
どうにかこうにか描きあげた作品は自分の目から見ても酷い代物でありました。

これはもうクラスメイトに馬鹿にされるのが目に見えていたのですが、ある意味ではそれより酷く彼らの反応は無反応であり私の絵に対するトラウマを強く印象付けることとなったのです。
それからというものの絵というものは私には完全に向いていないのだと考え、その手のものには全く触れずに今までを過ごしてきたのですが最近になって考えが変わってきました。
自分のイメージしたものをそのまま絵やイラストで描くことが出来るというのは本当に楽しいことなのだろうと。

思い返してみれば私の絵に対するイメージは苦手なもの、嫌いなもの、というばかりで絵を描くということの本当の楽しさなど考えたこともありませんでした。
もっとも考えが変わったところで絵の腕前が上がったわけではないのですが。
しかし自己投資の一環として、絵というものを習ってみるのもいいかもしれないとも考えています。
すぐに実行に移せるわけではありませんが、いつの日か人に見せるに値するような絵が自分で描くことが出来たならば本当に嬉しいことだと思うのです。

夜行バス大阪東京間最安チェック
人気路線の東京大阪を結ぶ100便から最安のベスト10が検索で絞り込み可能な予約サイト
夜行バス案内所.com/
関連:www.levne-letenky.info

«